スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リュウキュウタタミ・・・?

2011.10.3

こんにちはこーへいです




本日は、沖縄出身なのに琉球と名のつく「琉球畳」のことをよく分かってないと気がつき、

あせって調べてみました


images[8]





まず、琉球畳はイグサではなく七島(シチトウ)と呼ばれる草を使っているらしい・・

ウィキペディアでは

「畳表に使われる。シチトウを使った畳表は、琉球表、あるいは琉球畳と言わる。琉球畳の名称は、本来、縁の有無や、半畳か1畳かにかかわらず、シチトウを使ったものだけに用いられるものである。イグサや他の材料を使った縁なしの畳は、琉球畳ではなく縁なし畳や坊主畳と呼ばれる。ただし、現在では琉球畳と言えば、むしろ半畳の正方形で縁なしの畳を指すこともあり、その場合にはシチトウではない普通のイグサを使っている例もある。歴史上シチトウが使われていない場合は琉球畳の名称ではないことが沖縄県の首里語にも残されている。」


とのこと。ちなみに現在では、国産は大分県でしか栽培されていないようだ。(中国産が多いようです)


そのうえ、

「平成23年現在、生産者は5軒と2法人(農事法人組合と一般企業)で年間3000枚(国産畳表430万枚中)と稀少な畳表となり、高品質な国産七島藺(七島イ)は一部の畳店などでしか入手できなくなりました。」



とあり、価格が高いことも納得です。

今まで、縁なし畳を琉球畳と思っていました(@_@)

縁なし畳をそう呼んでいる所もあるようですが


ちなみにこれが七島です

imagesCAJKXV21.jpg



ひとつ勉強になりました。

ひとつ勉強、ひとつ成長ですね

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

コーヘイ26

Author:コーヘイ26
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。